我が家の外食費削減コツ

40代の夫妻(方無し)だ。以前は外食をする際、家計の中から外食費として出していたのですが、外食は月額によって頻度や金額が異なり、多い時は結構いってしまっていたので、何とかして減らせないものヵと考えていました。

そこで考えたのが、「外食費を食費の中に取り込む」という技法でした。建物では食費をウィークに10000円と決めてあり、お日様備品と併せて10000円でやりくりするようにしていましたが、お日様備品をいまいち買わなかったウィークなどはいくらか余りがありました。ですが、余りは余りでおものなど無駄な返済にしてしまっていたので、余った場合は1000円単位でジムし、大きくなったら外食費として扱うという規定にしたのです。

ここで大事なのは「1000円別」というポイントで、例えば600円~700円ほど残っていた場合は翌週の食い分から300円~400円を足して1000円にして貯めていったのです。これをすれば、翌週の食費はファクト9600円、9700円からのスタートとなりますが、その分減額しようと思うので結果としてうまく貯金できるようになりました。

今では、「次行きたい外食があって、今は〇千円貯まっているから、来週、再来週くらいには食べにたどり着けるかも。」と先の計画を立てて減額をすることが楽しくなっている。