自分の日頃のお金の使い方を知る

私はここ数ヶ月ほど余分な出費を抑え、節約生活を送るようにしています。
もともと私はお金を使うことが大好きでお金を使うことで幸せを感じていましたし、またストレスがあるときはお金を使うことでストレスを発散させていました。
しかし使いすぎて後からいつも多少なりとも罪悪感を感じており、いくら使ったか確認することはストレスに感じるのでできるだけ細かくいくら自分が使っているのかあまり気にしないようにしていました。

ここ最近仕事が少なく収入が少なくなったのを気に自分の日頃のお金の使い方を改めることにしました。
まずはしっかりと自分の出費管理をすることが大事だと考え、どんなに小さな額でもお金を使うたびに手帳に金額を書き、日の終わりには毎日その日いくら使ったかを計算し、そして週の終わりに1週間の出費の合計を出し、自分がいくら日頃使っているのかを把握するようにしました。
お金を使うごとに金額を書き記すことで、お金を使うということに意識がしっかりと向き、無駄な出費が大きく減るようになりましたし、1週間の出費が少なくなったときはうまくやりくりできたと嬉しく感じるようになり、これまでお金を使うことに楽しみを感じていたのが節約することに楽しみを感じるようになりました。
様々な節約方法はありますが、まず節約することに楽しみを覚えることは大前提として大事なことではないでしょうか。