野菜の直売所で安価で買い、それを使用した献立を立てる。

台風の影響などもあり、野菜の価格が高いと感じたことはないでしょうか。

野菜の価格がどんどん値上がりし、1昨年前には4分の1で75~80円だった白菜が130円以上になっていたり、

98円で売っていたチンゲン菜が120円以上に上がっていたりと全体的に値上がりし、なかなか毎日買うことが出来ない

状況となってきていると思います。

そこで役に立つのは地元の人が作った野菜が売られている野菜の直売所です。形がいびつなものもありますが、

スーパーで売っている野菜よりも安価で買えるものが多々あります。

例えば、白菜でいうと1玉 200~350円程度で買えるため、4分の1 50円~90円程度で

買うことが出来ます。直売所でまとめ買いをし、それ以外ではできるだけ野菜を買わないようにすると

おのずと食費が節約でき、さらに野菜をたくさんとれるので体にもいいです。

安価で購入することが出来た野菜は、適切な保管方法で腐らせないように工夫します。

腐らせてしまっては安く買っても意味がないため、買いすぎと保管状況には

注意が必要です。例えばかぼちゃなら切って冷凍すると長持ちします。

また、安価で購入した野菜でできる料理を考え、作るようにするといいと思います。

例えば、ナスと大葉が安かったらてんぷら・ジャガイモ・ニンジンが安い時はカレーなど

1週間程度の献立を立てておくといいと思います。