ズボラさんにおすすめ、一行家計簿

家計簿は何度挑戦しても挫折し、中途半ばなノートが溜まるばかり。スマホでレシートをパシリと撮影するだけで管理できちゃうアプリも三日坊主。

家計簿をつける目的は、使途不明金をなくし、お金の出入りを見えちゃう化すること。でもそれができなかったのが、今までの私。

お財布はレシートでパンパンだし、結局そのレシートはゴミ箱に直行だし・・・

そんな私が続けられている金銭管理術をご紹介します。

用意するのは、いつも使っている手帳と欲しいもののイメージ。

まずは目標を設定します。私が今狙っているのは、全自動エスプレッソマシンです。

これを生活費からなんとか捻出、しかも家族に負い目を感じることなく、正々堂々と購入しようと企んでいるのです。

毎月の生活費のうち、節約できるのは食費と日用品費として管理している現金なので、そこだけを可視化させます。

ちなみに、教育費や住宅、保険などの固定費は年単位でざくっと一覧表をつくって管理しています。

いつも使っている手帳に、簡単な表をつくって貼り付けました。

表の左から、日付、食費、日用品、娯楽費、臨時、合計、残高の欄をつくっておきます。

家計簿に書くのは、一日一行だけ。しかも、細かいことは書かずに金額だけ。

これだけなら、あしたのスケジュールを確認しながらちゃちゃっと出来ちゃいます。

しかも買い物しなかった日は書かないから、買い物しない日が増える増える!

お財布もすっきりだし、とにかく気持ちの良い生活ができるようになりました。

究極のズボラさんにおすすめです!お試しください!!