ゲーム感覚!?貯金初心者向けの500円玉貯金

30代に入っても、なかなか貯金ができない私。あればあるだけ使ってしまいます。

「給与から毎月○万円」と決まった金額を先取り貯金することが一番簡単で確実なのだと思いますが、お金を使いたい浪費家の私にはなかなか難しい。「お給料で×円もらったし…まだ使えるか。」と、使えるお金=×円という風に思ってしまうのです。この考え方がまず浪費家です。貯金に対する考え方から変える必要があるのですが、この歳になってガラッと考え方を変えることは難しい。私が大好きなお金を自由に使いながら貯める、なんて美味しい話はないだろうかと考えたときにまず始めてみたことが500円玉貯金でした。

やっていることは、ただの500円玉貯金です。お財布にある500円玉を貯金箱に入れるだけ。でも500円を貯金箱に入れるためにお札を崩す、つまりお金を使うのです。そしてただ単純にお金を使うだけではありません。いかにしてお釣りで500円玉をもらうかを考えながらお金を使うのです。750円のお会計をするのに、1250円を支払って500円のお釣りをもらうなんて教科書みたいなお会計ができた日は、貯金箱へ500円玉を入れる時も気持ちがウキウキしてしまいます。なぜかゲームに勝った気分になるのです。

本当にただの貯金なのですが、私の大好きなお金を使うことが出来る。しかも、500円玉をゲットするためにいろいろ考える。この考えるという行為も私にとってはゲーム感覚ですごく楽しめているので、なんだかんだで月1万円以上貯金が出来るようになりました。

「毎月○円貯金」と決めることが出来ない貯金初心者の私には、この単純な500円玉貯金が貯金を始めるのにはぴったりでした。