貯蓄をする時に有効な目標の決め方

貯蓄をする時に、まずしておきたいのが目標を設定することです。目標の決め方は人によって異なりますが、1ヶ月に貯める金額を決めておく、もしくは1年で貯める金額を決めておくことがおすすめです。

毎月の収入が一定の人の場合は、1ヶ月に貯める金額を決めておくと良いでしょう。月に2万円や3万円など、無理なく貯めることができる金額を設定し、収入があった時点でその金額を貯蓄に回すようにすれば、徐々にお金が貯まっていくことになります。先に貯蓄に回すお金を取っておくと、残りのお金は自由に使えるため、ストレスなく貯蓄ができるというメリットもあります。

毎月の収入が不安定、もしくは車を購入したいなど明確な目標がある場合は、目標金額とその金額を貯める期限を決めておくことが有効です。例えば、1年で100万円を貯めるなどの目標を決めておけば、その目標に向かって頑張って稼いだり節約をしたりすることができます。この時、目標となる金額は無理なく貯めることができる額にしておくことが大切です。高すぎる目標を立てた場合、その目標が達成できないと気づいた時点で挫折してしまう可能性があります。そのため、1年後を目標にするのであれば、1年で貯めることができる範囲内の目標にしておくことが大切です。