お財布愛を利用した「いつの間にか節約術」

節約というのは主婦の腕の見せどころではないでしょうか。

家族に協力してもらうに越したことはありませんが

なかなかこれができません。

そういうことで、主婦がコツコツとする方が手っ取り早いと言えます。

コツコツですから、すぐには結果は見えませんが、これは長い目で見る戦略です。

なので、この方法は西洋医学の薬ではなく漢方薬だと思って使って下さい。

これから用意するものは、小銭入れです。

つまり、お札を入れる財布と小銭入れと分けるということ。

この小銭入れに、日々のお買い物で小銭のおつりを入れるようにします。

そしてレジに並んだ時、混雑していない限り小銭を使って支払うようにします。

こうすると、いつものお財布がスリムになってきて気持ちがよくなります。

この気持ちのいい状態を続けていると、小銭入れもパンパンな状態が気になってきます。

パンパンな小銭入れは重いし、早く使いたいと思うようになります。

こうなれば、進んで小銭を使うようになるんですね。

さらに、小銭できっちり払うことが気持ちよくなって来ます。

こうしてお財布はいつもスリム、キレイが続くことになるワケです。

そしてお財布愛が高まって来ると、自然に無駄な買い物にブレーキがかかって来るのです。

うそだー

と思った人、一度チャレンジしてみて下さい。