温かい鍋料理は食費の節約にオススメ

節約をする上で自炊をすることは必要不可欠です。

ついスーパーで安売りしていると、絶対使うだろうと思って、野菜やお肉を買いだめしてしまいます。

しかし、冷蔵庫に入れておくと、うっかり忘れて傷めてしまうこともあるのです。

折角安く買ったのにそれを捨ててしまうことになるのはゴミを増やすことにもなりますし、非常に勿体ないです。

冷蔵庫の中身をしっかり把握しておくことも重要なポイントですが、時間が経ってしまった食材を有効に使うために、鍋料理を定期的にするようにしています。

悪くなりそうな食材は全て消費できますし、栄養バランスも整うため一石二鳥でオススメです。

また、余ったお鍋は冷蔵庫に入れておけば数日は持つため、リゾットやうどんなどを入れてアレンジすることも可能なので、結果何日分かの食事を浮かせることができます。

それからお鍋のスープは今は鍋に入れて煮立たせるだけのお手軽タイプもありますが、300円くらいはするので、それがあればお肉など具材を一つ増やすこともできます。

一人暮らしなら何回かに分けて使うこともできますが、手作りできるに越したことはありません。

そのため、レシピを検索して、スープも手作りすることで節約を心がけています。