断捨離ブームにのってみはみたけど、やっぱりストックしておくと節約になるものも多い!

現在は空前の断捨離ブーム。いろんなインターネットの記事や雑誌で見ない日はないくらいです。

私もブームにのって、少しずつではありますが、断捨離をしてみました。

着れなくなった家族3人分の洋服、調理をすると焦げてしまうプライパン、ブラスチックが溶けてしまったお玉、もう読まない本などなど。

冷蔵庫の中身も3日分の食材のみにし、スペースが大分空いた冷蔵庫で容易になった在庫管理。

ついでにトイレットペーパーやティッシュペーパーなども在庫を数個に残し在庫管理。

断捨離後は、なぜかとってもすっきりした気持ちになって、これで節約になるしお金も貯まるはずと思っていたのですが、

1週間くらいたつと、トイレットペーパー切れ。在庫管理しているようで、されていなかった。

急いで、スーパーに買いに行くと、特売日は昨日。そういう時もあると開き直り、いつもは買わない割高なトイレットペーパーを買いました。

次に同じようなことが、ティッシュペーパーやキッチンペーパー、ホイル、ラップ、味噌その他諸々。

ここではっと気づいたのです。今まで安い時にある程度ストックを購入していたことが自然と節約になっていたのです。

断捨離ブームに過敏に反応しすぎてしまったばっかりに、今まで自然にしていた節約の行動を忘れてしまっていたのです。

今回のことでわかったこと、それは、賞味期限が長く、もしくは腐らないもので、生活消耗品はある程度の在庫を持っている方が節約になること。

災害時に役に立つこと。身を持って実感いたしました。