「水道代を浮かしたい」その欲望が起こした友人の無様な顛末

私の友人の事ですが聞かされてドン引きした「これは節約なのか?」と思える話があります。よく働き家庭を持ちしっかりとしたお父さんですが、何かと金銭面においてはドケチなのです。光熱費が高いなど無駄な金が多いなど奥さんと喧嘩が絶えないそうですがある日、友人は悪知恵を使い職場裏にある水道の水を持ち帰るというなんと姑息な行動に出たのです。会社の職場の水道水を盗むとはそれは節約ではないですね。私の家では水道水を浮かす為に雨水を使いました。

数日後、友人の悪行は社長に知れ渡りもう怒り心頭です。普段から「怒らない社長」と噂されていますが、そんな社長も「もう怒る気も起きないもう来なくていいから」と言い放ったのです。ここで働く人はほとんどは一人暮らしをして水道代の倹約は当たり前のようにしているのに・・・と残念に感じて仕方ありません。倹約も行き過ぎれば友人のように退職を言い渡されるとは本人も思ってもいない顛末を迎えたのです。私も光熱費を減らすためにクーラーの使用を抑えていた時期もありましたが、友人の行動を教訓にしています。遺書に働く仲間の中にはやりくりをしながら給料を貯蓄している人もいます。ギャンブルを控える事で倹約できてる人もいます。周囲の信用を失ってまでも水道費を浮かせる必要あったのでしょうか?