もらえるものは何でももらう

よく職場の上司に、もらいものなんだけどいる?と、シャンプーなど美容関連アイテムであったり、産地のフルーツや高級なお菓子などをいただくことがあります。正直、どんなものかは分からなくても、とりあえずは「ほしいです!」と言っておいて、手当たり次第にもらうようにしています。

そして、もらったあと、まだ使っていたり、食べていなくても、あれは本当にすばらしいものでした、大満足です、おいしかったですとニコニコしておくと、また同じものをいただくことができるようになります。私はそのようにして、ほとんど日用品であったり、必要消耗品などを入手してきました。

必要となるものは、お金ではなく、愛想と喜んでいる姿だけでよいのです。だからこそ、普通であれば、皆さん、購入しているのだろうなと思うようなものであっても、ほとんどお金をかけることなくゲットしています。

あとは、インターネットのメーカーサイトなどでキャンペーンと称したプレゼントがもらえる懸賞などがあり、それらを利用することで、本当に石鹸から生理用ナプキン、アルコール、家電、あらゆるものを無料で手にしています。節約は一日にしてならずであり、私は自分の生活を維持するために、毎日あらゆるサイトをこまめにチェックしています。