食事の献立から始まる節約術

私が実践している節約術は、1週間の食事の献立をしっかり立ててから、まとめて買い物をすると言う方法です。

それまでは、旬の食材や安売りをしているものをどうしても買い込みがちで、無計画に購入していたので、結果食材を余らせてしまうことがよくありました。

食材ロスを少しでも減らすために、最初は単純に買い物に行く回数を減らそうと思ったのですが、そうなると献立を決めていないと後で足りないものが大量に出てきたため、1週間分の献立をまとめて考えるようになりました。

最初は食材ロスを減らすため、時間を節約するために始めた事でしたが、実践してみるとそれだけでなく、家計にも大きな節約と言う結果をもたらしてくれました。

1週間分の献立をいちどに考えると言うのは最初はとても大変ですが、慣れてくると、実際調理をするときの作業効率もかなり上がるなぁという実感があります。

それまでは学校の給食と旬の食材が被ってしまったりもよくしていたのですが、献立を計画的に立てている為そういうこともなくなり、単調になりがちだった献立も、手帳に献立を書くようにしたので、自然にダブラないよう工夫する習慣が身に付いてきました。

おまけに食材の買い物をする日が1日しかないので、簡単ではありますが家計簿もつけられるようになりました。私にとっては一石二鳥どころか三鳥位のメリットがある非常に簡単な節約術です。