所得税を少しでも安くするにはどうする

サラリーマンにとっては、所得税はどうしても徴収されてしまう部分でありそこを少なくするには色々な国から受けられる控除を活用する必要があります。会社で行われる年末調整で提出する部分でも加入している生命保険や年金や地震保険と言った保険類や、住宅購入の際にローンを組んでいればその銀行借り入れ残高に対して1%から控除の対象として所得税を節約する事が出来ます。

理論的に考えると借り入れの銀行の金利が1%を割ればその時点でローンを借り入れた方が戻って来る所得税や住民税よりも多く返ってくる事から利息を支払っている感覚よりも後に戻って来ると言った考えも出来ます。こうした所得税を浮かせる方法に今ではふるさと納税制度などもあります。

これは確定申告が必要となったりしますが、5件までであれば申告なしに差し引きの状況で住民税を戻してもらえます。返戻金はそれこそその地の特産品などを食べたりもらったりなどですが、そこから寄付をしたお金が2000円を引いた金額から戻って来る計算となります。

こうした方法を活用すれば特産品をもらいながら納税もしている計算となり損をしない状況で取引が行えます。少しでも安く地方税をしたい際には最適です。