昼間の主婦の光熱費節約術

家族みんなが学校や幼稚園、仕事に出かけて家で家事をする主婦の私ですが、冬場は寒いので暖房をつい付けたくなってしまうのですが、1人しかいないのにつけるのも勿体ないので、さまざまな工夫をして我慢しています。まず、首ものが冷えると寒さを感じやすいので、首はしっかりネックウォーマーを付けてら冷えないように温めています。また、台所の片付けや掃除、洗濯ものなど家事をする際、冷え性の私は手が冷えてしまうのが嫌なので、綿の布手袋をした上に、ゴム手袋をして二重の手袋を使用するようにしています。これで冷たい水も家事もかなり緩和されます。

また、パソコンを使ったり趣味活動をするときは、普通のニットの手袋の指先だけ(第一関節分ほど)ハサミでカットしたものを使用しています。そのおかげで、指先は動かしやすく作業の妨げにならないですが、手が冷えることがなく安心して過ごせます。足も冷え性の私にとって冷やしたくない部位なので、スリッパではなく、靴下の上にニットの厚めの靴下を重ねて履きます。そして足首にレッグウォーマーをして温めているので、足が冷えることもないです。これで休日家族で家で過ごす時よりはるかに平日の光熱費は節約できるので嬉しいです。