預貯金はクラスとの対戦

何とか貯金を増やしていきたいと憧れ努力する例年だ。月10万円の備蓄が意思だ。手取りが大まか25万円ぐらい、毎月の生活費に17万円~22万円くらい。10万円を貯金に回すと月2万円から5万円の損になりますが、それは賞与から回すことになります。
取りあえず、毎月の暮らしが損でも月10万円を貯金に回して繰り返すというのが肝心で、「積み立て」が基本です。10万円の実態は財形貯金に2万円、弊社株買いに2万円、年金保険に100005千円、純金積み立てに10000円、指揮委託に100005千円、それと武田薬品・NTTの株を積み立てで10000円ずつでミッシリ10万円だ。一般月給天引きか通帳引き落としなので、勝手に引き落としされます。
普段の身辺も貯金の意識を厳しく持つようにしています。月給が降り込まれる総て口座は費用の出し入れが頻繁ですが、5万円引き落とそうと思った時は4万7千円引き落として5万円手金しようと思ったら5万3千円手金決める。
連日暮らし簿をつけて生活費をチェックして、無駄遣いしないように決める。暮らし簿は千円単位で百円以下の位は一般切り上げで記入して、実際の受け取りより多くの価格を暮らし簿に載せることで、お金を使っている意識を持つようにしています。暮らし簿を損にして備蓄を殖やすというのが旗標だ。
ある程度の備蓄が出来て生活にゆとりがもらえる日光がいつか来ても、年を取って楽しめなくなっていては意味が無いように思います。守り一辺倒で費用だけ持っていても仕方ありません。十二分に味わえるような年です程度の費用を持つ。貯金は年齢との対戦だと思うのです。