私の縮減メソッド

女性の私の省エネテクニックを紹介したいと思います。あたいは今稼業女性で、うちに要る期間が長いので、多少なりとも省エネしようと考えて生活していらっしゃる。
家庭の中での大まかな省エネやれるグループとしては電気、水道、献立が私の思いつく範囲で節約している大パーツだ。
うちに掛かる期間が長いと電気や水道の支払が人様より多いと思われます。その中で、それほど電気は夏だと冷房、扇風機。日常的なもので、光源、家電品物。なので、取り敢えず夏は家中の窓を開放して、無い勝負カーテンを閉めた状態で、外に簾をかけていました。それだけで、夏季の暑い日光が室内に食い込むのを防ぎました。あと少しでも家の中での電気料を止めるために、常普通外に出ることにしていました。散策や購入にも敢えて歩いて移動して気持ちいい店内でゆるゆる購入をしてちょい太陽が落ちた頃に次第に帰るを繰り返してました。日常的な面では、光源は朝から押し付けません。昼前起きたら一番にカーテンや障子を開けて、広間にライトを入れます。冬はそれをすることでしばらくお日様の日光でクーラーが高まるのが早くなって要るような気がします。家電はアッという間にコンセントを抜きます。次に水道の省エネはからきしお湯を使わないこととUSAのとぎ汁などをアッという間に流さずに使いまわします。使い回すと言っても食器洗いの前の溜め水くらいにしかできませんが、常にジャージャーと水を流しながら洗うより頑として安いです。あとは銭湯は2太陽に一時入れ替えて、洗濯は、銭湯水でします。常識かもしれませんが、洗濯の水の件数も銭湯の水の件数も半端ではないです。あとは快晴太陽は川の水を使ってマイカーを洗ったり決める。そうすると上下水道ともかかりません。献立の面では、飲み物はお茶しか飲まないことです。お茶と言っても色んな品目がありますが、緑茶などのお茶っぱを使ったものです。一年中麦茶か緑茶を飲み込むようにしています。
あとは冷蔵庫を上手に空にしてから食物の購入にいくことです。一年中行くと長々必要なくても買ってしまう。
わたしの簡単な省エネテクニックはそんなところだ。