年俸天引き蓄財と単価部門カットでよく貯え

 いつか、残金100万円以上の標準貯蓄を、日常のこまごまとした購入などのためにこまめに取り出しやるうちに、数か月の間に直ぐに残金2万円まで減らしてしまった苦々しい経験があります。何に使ったのかわからないとおり、だらだら貯蓄を使い続けていると100万円などさっさとなくなってしまうということを実践しました。
 こいつに懲りて、以上、年収が振り込まれると一定額を自動積立貯蓄に回す方法で貯蓄残金を甦生すべく対処を立てました。
 一気に、標準貯蓄から無駄に引き出すことが涸れるみたい、毎月の光熱費や生活費の額面を立てました。月々の光熱費○万円、一報費は○万円、食費は○万円、外食費○千円、雑費(ファッションものやコンビニエンスストアなどでの購入料金)○千円というように、年収の範囲内で額面を立て、年収が振り込まれたら、額面分のキャッシュをまとめて引出します。封筒を何枚か準備して、光熱料の封筒、一報料の封筒、食費用の封筒、外食料の封筒、雑費用の封筒etc.を作ります。それぞれの封筒に額面分のマネーを振り分け、その封筒からお金を使うように行なう。それ以外には絶対にお金を使わないように行なう。お金が間に合わないからと貯蓄ポケットから呼び覚ますのはやめます。これを実行すれば無駄遣いは収まり、貯蓄は着実に増えます。成果甚大だ。