目標に向かって節約・貯蓄を始めたこと

私が節約、貯蓄に目覚めたのは3年ほど前の事でした。

その時最初に実践した節約や貯蓄のルールについて紹介します。

なぜ貯蓄が必要になったのかと言うと、私は元々、節約や貯蓄とは真逆の生活をしていました。食べたいときに食べたいものを食べ遊びたいときに遊ぶ。

まさに学生気分。自由奔放でした。

しかし、社会人になり、いざ大きな買い物をしようとしたときに残高を何度見ても小学生のお年玉程度の貯蓄しかありませんでした。

その時私は「社会人にもなり、自分の事もコントロールできない様ではいい大人になれないぞ。」と自分自身を奮い立たせ、貯蓄をするべく目標を決めました。

「3年以内に新車を買う」

大衆車であるトヨタのヴィッツ(150万前後)を目標に節約・貯蓄生活を開始しました。

新生活にあたり3つの節約ルールと1つの貯蓄の決め事をしました。

【節約】

・衝動買いをしない

・食事は抜かない

・人に迷惑をかけない

【貯蓄】

・2種類の貯蓄をする

①毎月定額を別口座に移す。これはあえて手作業で行い毎月貯蓄してるということを忘れないために続けてきました。

②小銭貯金。毎週末家に帰ってくるたびに財布の中の小銭をお酒の入っていた大きなペットボトルにジャラジャラと移し、「たまってきたなー」と楽しんでいました。

以上のことを決めいざ節約に励みました。

結果はおよそ2年半経つ頃には目標金額に達し、現金ニコニコ一括払いで車を購入することが出来ました。

節約に関しては衝動買いをやめる事(お菓子を我慢するのが一番大変)以外は”遊び過ぎず根詰め過ぎず”でクリアできました。

目標を持つことによって楽しく節約ができたので次は一軒家の頭金を目指して新たな貯蓄生活を開始しています。