暖房費の節約

我が家は集合住宅から戸建に引っ越してはじめての冬を迎えています。

戸建になり暖房費が増えると思うとちょっと不安です。

そこで今年は色々な防寒対策をしようと考えています。

まずは定番のプチプチを窓に貼る作業から始めました。

普段開閉しない窓を中心にプチプチを貼り、頻繁に開閉する窓にはレースカーテンの代わりにビニールの防寒用カーテンをつけます。

もし窓に貼ったプチプチが大量に余っている場合は、プチプチを安全ピンなどでカーテンレールに引っ掛けることで代用できます。

次に床冷え対策は防寒用の銀色シート・使い古したカーペット・電気カーペット・カーペット・こたつの順に重ねていきます。

電気カーペットをつければ、昼間は暖房やこたつをつけなくても暖かく過ごせます。空気も汚れません。

また、我が家は乾燥がひどいので、夜間の部屋の加湿にはお風呂の残り湯を使っています。

といっても夜にお風呂に入った後、バスタブにお湯をはったままにしておくだけです。換気扇も止めておきます。

これだけで朝の冷え込みが和らぎますし、寝ている間の喉の痛みも解消されます。

残り湯をお洗濯や朝の洗顔にも利用出来ますし、簡単なのでオススメです。ぜひ試してみてください。