エアコンつけっ放しでも節電とは・・・

最近テレビ番組の電気代節約の話題などでよく耳にするのが、エアコンをつけっ放しにする方が電気代が安くなるというもの。電源をオンにする時が一番電力を使うということらしいですね。そこで思い出したことがあります。友人のペットの話です。

友人は夫婦二人暮らしで犬を飼い始めました。昼間自分もパートで外出しているのでワンちゃんが留守番です。一軒家の2階にワンちゃんを置いておくのですが、夏場の暑さがすごくて室内温度が35℃以上になってしまいます。犬も熱中症になるらしくもったいないと思いながらもエアコンをつけっ放しにしておくことにしたそうです。温度は29℃くらいに設定して朝から夕方まで弱風の状態でキープ、自分も帰宅した時には気持ちがいいとのことでした。

同じ地域に私も住んでいますが、日本でも有名な蒸し暑い盆地なので真夏日は長くてエアコンなしでは過ごせません。ペットも同じですね。きっと電気代は高くなるんだろうと思いきや、実際はそんなことはなくむしろ数百円安くなったと言っていました。つけたり消したりを繰り返すことのほうがよほど電力を消費すると言うことの証明ですね。

私も夏場に外出して帰宅した時にはエアコンがなかなか効かずに困ることがあります。数時間の外出なら設定温度を高めにして、そのままにしておく方が賢いやり方なのでしょう。うちはペットはいませんがこのやり方はいいと思いました。