省エネとホールのまとめ

「短縮」と聞いて一番に思いつくのが「洗濯機」だ。
 うちの洗濯機はドラムランクの洗濯機だ。確かにキッズ頃の二クラスランク屋メソッドを突っ込んで取らなければならなかった内から比べると斜めの洗濯機は楽になりました。しかし、何だかムダが多いような気がしてならないのです。
 およそ洗濯はメニューに合わせてやっています。するとうちの洗濯機では、すすぎのあとの脱水の界隈で「高熱」という附箋がでて、ただ脱水するのではなく、高熱の温風を使ってフ柔らかくまとめるようになっているらしいのです。
 しかし、夏場などはもう一度外はギラギラのお天道様が出ていて、濡れたもので寝すぐにでも渇くような状態です。そんな中、わざと高熱の温風に置きなくても、お天道様に当てて置けばタオルだって直ちにフンワリになります。
 そこで最近はそこそこで来たと思うと(女の子には内緒で)洗濯機を閉め、乾きかけた洗濯物を後はお天道様の偉大なる力で乾かして、ふわっとにしてもらおうと乾かすようにしています。こうすることで、多少なりともいらぬ電気代を使わないですむように考えています。ただ時には失敗して、びっしょりの通り出てきた洗濯物に「これ乾くかなぁ」と迷う事もあります。洗濯売り物の量と今日の気候、そして洗濯機の窓から窺える洗濯売り物の往来姿からイメージ受ける乾燥姿が短所となるのです。
 お無し土曜に途中で甘んじる電気景品がいまいちあります。それは電子範囲だ。
 夏場の暑い日のごちそうなどは、「チン」となるまで温めていると暑すぎて食べ難くなっていることがあります。少しだけ温かくて食べやすいという時もあります。なのでたえず電子範囲を扱う時は「チン」には頼らず、隣席に表示される気温を見ながら65ごと程度でいつも止めるようにしています。時折、とっくに50ごとぐらいでもいいと思って諦める時もあります。
 そんな風に、機会に全面的に頼らず、自分の思い通りに器械を動かす事で、多少なりとも電気代を浮かせていけたらなぁと思っています。
 で、次のテーマは「炊飯入れ物」だ。これもたいてい滞る何分か前に止めても、後は余熱で一概に食事を炊いてくれるはずだと思っています。ただ、これは罪をするとゼロ食がボツに上る事もありそうなので、かなり肝ったまが出ず、仕方なく器械のいうままにしています。しかしやがて、器械のいうままにせず、自分の思うがままに移せるみたい、主導特典をこちらに搾り取りたいと画策しておるところです。